オンラインカジノの還元率

RTPについて簡単にわかりやすく解説しています。
RTPとは Return to Player の略です。日本語直訳で「プレイヤーに戻す」という意味になります。
これはプレイヤーへの還元率のことを指しています。

スロットなどで遊ぶ際に知っておきたい言葉なので、ぜひ覚えてください!

RTP(Return to Player)とは

RTPとは Return to Player の略です。日本語直訳で「プレイヤーに戻す」という意味になります。これはオンラインカジノにおいてペイアウト率のことを指しています。

ペイアウト率とは?

例として図は左が投資金額、右が払い出し金額になります。

ペイアウト率が100%の場合、投資金額の100%が払い出しで戻ってきます。

同様に ペイアウト率が200%の場合投資金額の200%が払い出しで戻ってきます。

オンラインカジノだけではなく、日本のパチンコスロットでもこのペイアウト率

というものが定められています。注意するべきことが、オンラインカジノではRTP100%というものはないのであくまでも台選びの目安としてRTPをチェックするくらいにしておきましょう。

オンラインカジノのペイアウト率は??

気になるペイアウト率ですがオンラインカジノは日本のギャンブルよりもペイアウト率が

高く設定されております。

ペイアウト率

宝くじ 約40% 

競馬・競輪・競艇等 約75% 

パチンコ・パチスロ 約85% 

オンラインカジノカジノ 約85%~95%

上記ペイアウト率の説明の通りプレイヤーの入金に対しての還元率がこのペイアウトですが、

オンラインカジノがダントツで高く設定されています。

ペイアウト率が100%ではないのは100%だと胴元の利益が生まれず、運営が厳しいためです。

ギャンブルをする時点でハウスエッジ胴元の取り分のことがとられていることは覚えておきましょう。

ペイアウト率は賭けに関係してくる

このペイアウト率が高いことによって理論上は勝ちやすくなります。

というのも 競馬で10000円使って7500円のバックだと-2500円ですが

オンラインカジノの場合は10000円使って8500~9500円のバックがあることになり、

競馬で賭けたときよりも資金が減っていません。

資金が減っていないということは再度賭けを行うことができるので配当のチャンスがあります。

もちろん、このペイアウト率がたかいと必ず勝てるということではなく、

資金が戻ってきやすい分勝ちやすくなっております。

ペイアウト率は高いけどなぜオンラインカジノがオススメなのか?

オンラインカジノには配当の最高倍率が日本の公営ギャンブルに比べて

ケタ違いに高い設定になっています。

わかりやすく言うと、現在日本のカジノでは

一度のボーナスで獲得できる出玉が2400枚が上限となっております。

オンラインカジノの場合台によって違いますが例として

mentalというスロット台ではBET金額の最大66666倍まで当たるチャンスがあります。

実際にBIGWINはかなり多くTwitterでも報告が上がっています。

上記ツイートは0.20ドル(為替レートは変動するので現在は23.1円相当)

の66666倍の配当報告になります。

現在の為替レートで日本円に換算すると24,113,489円

超絶BIGWINです!

この超高配当を出したのも日本人の方で、いろいろツイッターで#オンラインカジノ#高配当

で検索すると沢山日本人の高配当が当たっている方のツイートが出てきます。

このように日本のパチスロなどとは比べ物にならないBIGWINが結構出ています!

せっかくギャンブルするなら大きく勝ちたいですよね?

だったら今すぐスロットを回してチャンスをメイクしましょう!!

合わせて読んでほしい記事